Vert Serviette
声優・長谷川明子さん、THE iDOLM@STERの話題を中心に日々の出来事を徒然と綴っていきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Soul G~すべての戦士に捧げる音楽祭~
はい、本格的に風邪引いたようです棚橋です。みなさん、いかがお過ごしでしょうか。

今日はガンダム30周年コンサート「Soul G~すべての戦士に捧げる音楽祭~」と第四回妖精帝國公式式典に行ってきましたよ。

とりあえず、妖精帝國式典のチケットを回収するのに有楽町で1時間待たされるというアクシデントがあったものの、楽しかったのでよいよい。まずはSoul Gの感想から。有楽町から東京国際フォーラムへ移動したら、長蛇の列が出来てた。何で席指定の会場なのにこんなに入場手間取ってるんだヨw
091024-164430.jpg
とりあえず、会場に入ってライトセイバー改めビームサーベルの点灯テストとかしてたら、サイリウム禁止と言われ怒られた。ちょwサイリウム禁止とか聞いてませんしwww妖精帝國もサイリウム禁止だから、一日サイリウム振れないかと思うと、禁断症状が出そうだと思ったwそんなこんなでいざ開演。

第1部はファースト~ZZ。アムロ・レイ役の古谷徹さんの朗読の後、鮎川麻弥さん「Z・刻をこえて」、森口博子さん「水の星へ愛を込めて」、新井正人さん「アニメじゃない ~夢を忘れた古い地球人よ~」と続く。1曲1曲スクリーンに作品映像が流れるので、すごく良かったです。あと、「アニメじゃない」ってコールできたのはうれしかった。その後、司会の方の呼び込みで再登場した古谷さんと今やガンヲタ芸人の土田晃之さんを交え、お3方のトークパート。ツッチー、トークテンポいいなぁw主題は楽曲についてのトークがメインでした。

第2部はV~XとOVA2作品(0083、08小隊)。川添智久さん「STAND UP TO THE VICTORY~トゥ・ザ・ヴィクトリー~」、鵜島仁文さん「FLYING IN THE SKY」、麻倉あきらさん「DREAMS」と続く。しかし、第2部だけでもサイリウム振らせて欲しかったなぁ。UOで「スタンダップ!」ってコールしたり、「シャイニングフィンガー」って叫びたかったお(´・ω・`)話がそれましたな。麻倉さんが歌った後に川添さんと鵜島さんを呼び込んで、ある曲を歌うという。な、何だろう?って思っていたら……
JUST COMMUNICATION、キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
TWO-MIXいないからWの曲はないだろうなぁと思っていたから、これは素直にうれしかったし、盛り上がった。この後、司会の方とツッチー登場でトーク。出演者さんそれぞれがガンダムという作品に思い入れがあるのが伝わってきた。続いて、MIQさんと米倉千尋が登場して、先に作品についてのトーク。その後にそれぞれ「MEN OF DESTINY」と「嵐の中で輝いて」を熱唱。

第3部は∀と劇場2作品(逆襲のシャア、F91)。古谷さんが∀の朗読をした後、奥井亜紀さん「月の繭」、再登場の森口博子さんで「ETERNAL WIND~ほほえみは光る風の中~」をしっとりと歌い上げる。「ETERNAL WIND」はやっぱり名曲だなぁ。トークパートの後、TMNの宇都宮隆さんのビデオメッセージで「Beyond the Time」についての思い出を語り、逆襲のシャアのPVが流れる。

第4部はSEED~OO。古谷さんがSEEDの朗読をした後(ここはOOでリボンズでも良かったような気がするw)、新作ガンダムUCについてのPVが流れ、高橋瞳さんが「僕たちの行方」を熱唱。高橋さんのトークがなかったのは残念。司会の人とツッチーが登場して、土田流若い人へのガンダム布教方法を語ってた。その後、石川智晶さんが登場し、作品の思い出を話す。そして、「Prototype」と「あんなに一緒だったのに」を熱唱。

みなさん歌い終わった後に古谷さんがガンダムについての思い出を語る。めぐりあい宇宙の映像と共に「まだ、僕には帰れるところがあるんだ。こんなに嬉しいことはない」との台詞が全てであり、「皆さんがガンダムを愛してくださる限り、僕はずっとアムロです」という言葉にちょっと感動した。その後、スペシャルゲストとして、富野由悠季監督が登場。当時、児童唱歌と同じ扱いだったアニソンを他の歌謡曲と同じ所まで持っていこうという話が良かった。

そして、最後に出演者さんの皆さんが登場。会場のみんなと一緒にラストソングを歌うことに。歌う曲はもちろん「翔べ!ガンダム」。その時、なぜかワシの目から涙が……。おかしいな、悲しいことなんか何もないのに、自然と涙が流れてくる。
まさか「翔べ!ガンダム」で泣く日が来るとは思わなかった。
もう後半歌ってても、声にならないくらい号泣してた。ああ、ワシはこんなにも機動戦士ガンダムという作品が好きだったんだなぁ、と30年という時間の重みを実感した。KSL時のチェキ氏の気持ちが分かったわwワシが生まれた翌年にガンダムが放送され、再放送も何回も見てたし、ガン消し、ガンプラ、カードダスで遊んでたワシはまさにガンダムで育ってきたと言っても過言ではない。ありがとう、ガンダム。ありがとう、富野監督。そして、ガンダムという作品に携わってきた全ての人にありがとう。あなた方のおかげで今のワシがあります。

最後に「哀 戦士」をBGMにスタッフロールが流れ、終了。本当に30年の思いが集約された素晴らしいコンサートでした。長くなったんで、妖精帝國式典はまた明日にでも。




コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。